2009年11月09日

★バルセロナ最終日★

こんにちは手(パー)

現地時刻は15時30分になりましたぴかぴか(新しい)

今日でバルセロナの最終日ふらふら

明日朝一の便で帰りますダッシュ(走り出すさま)

改めて応援してくださった皆様ありがとうございました輦

IMG_0166.jpg

Shinji
posted by shinji at 23:37|

★今の自分、そしてこれからの自分★

今日は今回出場して思ったことを、嘘なしで本当の気持ちを書き込みしようと思います。



今回この大会は正直 惨敗に等しかったと思いました。

ライダー全員のトリック、
そして自分のトリックとの違い。

最先端のWフリップに対して、オールドスクールな存在になったフラットの軸、そしてSW1080のフラット軸。

今や海外では2軸と言うWフリップが当たり前、
きっとスノーボードも一緒だと思う。

そんな自分の最先端トリックはSW1440と言う後ろ向きからの4回転。
このトリックは完璧な完成度がなかったため大会で使用するのも怖かったし、失敗して怪我するのも怖かった。

今年の4月、カナダで行われたWSIで念願の夢が叶った。
だからこそ、今、この今 自分の位置が物凄く良いポディションであると思う。

それが万が一の怪我をしてシーズンを迎えれなくなるのは怖かった、それに今のポディションから遠ざかるのは嫌だった。

せっかく掴んだ世界チャンピオン、

成績だして色々な大会でインビのオファーがきている今、
出場できなくなるのが怖かった!!


大会でよく使用する言葉

『できないトリックはするな』

この言葉通り完璧に完成していないトリックを使用するのは、どれだけ怖いか、そしてどれだけ緊張するのか、そして怪我をするかもしえないと言う戦い。。。

自分はこの大会に出場して本当に思った、怪我をしたらダメだと。

だから絶対的なSW1080と言うトリックを使用することに決めたしSW1440を諦めた。

WSIでもSW1080は良い評価をもらってたし、そこそこ戦えると思っていた。

ここに来るまではそう思っていた。


でもトレーニング開始したさいから自分の読みは外れた。
まるで騙されたかのようだった。

WSIの予選の時と同じ、海外ライダー勢はほぼWフリップだった。
しかも無名な選手でさえWフリップをやっている。

本気でこの先はマズイと思った。

きっと僕がやっているトリックはここ数年でGirlsのトリックになると思う、そしてきっとGirlsまでWフリップを進化していくと、、、。

今ではGirlsのレベルは上がっていく一方。
SW1080だってロデオだって1080だって色々見てきた。

本当に進化しつづける恐ろしいスポーツだ。



そんな追い討ちをかけられた今。

この先どうしなければいけないのか?

ここで止まってしまうのか?

色々な不安が壁にぶつかっている。


でも誰かが最先端なトリックをやらないと今の日本のレベルで終わってしまう。

誰かがやれば真似をしてでも次々と現れると思うし、いつまでもSW1080のトリックで通用するはずがない。

それが今の世界のレベル!!



次は自分の番だと思う。

日本も新しく進化しつづけなければ止まってしまう。

そして止まってはいけない、
進化しつづけなければ世界では戦えない。

だから自分は、、、、。


DSC_0251.jpg

Shinji



posted by shinji at 00:43|